市販されているアフターピルは生じるの?

おっきい避妊%という、避妊が失敗した際の緊急時に使用できるという点で便利なアフターピルは、万が一のために女性が購入して置きたいホルモン剤だ。

 

アフターピル,市販,薬局

 

一際服薬が早ければ早いほど避妊%が伸びると言われていて、性行ときの24時間以内に使用すれば90%以上の開設で成功すると言われていることから常備薬として持っておきたいという方もいるでしょう。

 

もしくは避妊が失敗したら、直ちに買いに伺えるという要項であれば、誰もが穏やかできるものです。ただし、アフターピルは一般的な低キャパシティピルと同じもので、医師の処方がなければ購入することはできません。

 

ホルモン剤という語感からビタミン剤のように近所の薬局などで市販されていて、手軽に購入出来ると考える人も多いでしょう。

 

但し、効果や副作用の心配から市販陥ることはなく、一般的な低キャパシティピルと同様にお母様科で処方してもらうしか購入する企画がありません。

 

また、避妊という目的の結果、健全保険の適用外として、購入時はフリーお越しとなって診断代金や処方箋代を含めてALL仕入れ値での返済となります。

 

フリーお越しは病舎間近で額面を自由に設定できるので、5千円位のところもあれば3万円を超えるように投機にばらつきがあります。

 

速く飲めば効果はあるのですが、きっちり診断を受けなければならず、病院に行く時間がなければ無意味なことになる場合もあります。

 

常備薬として持っておきたいという人のために、私立輸入にて入手するという企画もあるので、必要な方は異国から購入するのも検討してみるといった良いでしょう。

 

アフターピルTOPへ