アフターピルを病院で処方するから通販が推奨

アフターピル,市販,薬局,通販

 

アフターピルは日本では薬屋などで気軽に購入することができないものの結果、病舎に行き、医者に処方を通してもらわなければ手に入れることができません。

 

そのため、夜中に避妊に失敗した場合、翌朝の病舎がお越しを始める時間まで待たなければいけませんし、翌朝が病舎が休診の場合や職務などの都合で病舎にすぐに行くことができない場合にはもっと服用するまでに時間がかかってしまう。

 

アフターピルは避妊に失敗してから72時間以内の飲用でおめでたを防ぐ率が昇る薬ですが、避妊に失敗してから服用するまでの時間が長くなって仕舞うほど、妊娠する率が上がってしまう。

 

一説では、避妊に失敗したタイミングが排卵日光ものの場合には、それ以外の折よりも妊娠する確率が高くなってしまうとも言われていますので、おめでたを望まない場合にはなるたけ少なく飲んでおきたいものです。

 

そのため、通販で事前に購入して持ち歩くようにしておけば、避妊に失敗しても一気に飲み込むことができます。

 

病舎がお越しを開始する時間まで待つ必要がありませんし、いち早く呑むことができるので妊娠する率を低下させることができますので、安心できます。

 

アフターピル,市販,薬局,通販

 

通販で購入するメリットには、一気に飲み込むことができるという点以外にも「低い」という点も挙げられます。

 

病舎での処方の場合、1度服用するアフターピルを処方してもらうだけで、10000円身近かかってしまうこともあります。

 

病舎で薬を処方してもらうだけで10000円は法外な値段のように感じてしまうかもしれませんが、疾患やダメージでの診療ではありませんので保険が利用できません。

 

病舎が自由に値段をつけても有難いフリー受診になっています。そのため、病舎によっては10000円以上かかってしまうこともあります。

 

アフターピルのフィーを総合自前で支払わなければいけませんし、もう一度お越し運賃や病舎までの交通費もかかってしまいますので、金銭的な難儀も大きくなってしまう。

 

但しアフターピルを通販で購入しておくって、費用は送料を含めても3分の1~5分の1身近にまで安くなりますし、まとめ買いをした場合には仲間命中の金額がグングン安くなるケースもあります。

 

買い出しのために外出する必要もなく、自宅で近づくのを控えるだけになりますのでお越し価格や交通費も必要ありません。

 

これらの理由で、病舎で処方をしてもらうよりも、通販の支出が推奨になります。

 

アフターピル窓口へ