緊急避妊薬のアフターピルを護符として持つ【バイラル体験談】

こちらは従前、知り合いたち何人かとお酒を飲みに行くことになり、その日は盛り上がって2いつか会、3いつか会といった進んでいったのです。

 

そうして、やっぱりの私もどうしてもお酒を飲んだことから、通常の判断がつかないような状況になってしまいました。

 

そこで、一緒に飲んでいた男性知人に、いわゆるお持ち帰りされてしまったのです。

 

いまや終電の時間は過ぎていて、他の婦人の知り合いとともにその男性友達の家屋に泊まりに行ったのですが、そこで酔いがさめていなく、3者でセックスを通してしまったのです。

 

その男性知人はとても興奮していて、流れで私の膣の中に射精しました。のち、とっくに一人の女友達の膣にも中取り出しをしたのです。

 

そのときは私も興奮状態で、気持ちいいとしか感じていなかったのですが、翌朝になって定義の重大さに気がつき、心中が真っ白になりました。

 

そのときは、既に一人の女知人も我に帰り、形相を真っ青としていました。前日の打ち上げは金曜日の晩だったので、医院に行こうにもウィーク明けを待たなくてはなりません。

 

私ももう一度一人の知り合いも、カップルして妊娠の心労を抱えることになったのです。

 

のち、無事に私もいよいよ一人の知り合いも、生理を迎えることができて、カップルして胸を撫で下ろしたのです。

 

そうして、そうしている間に何かと調べて、非常時避妊薬のアフターピルのサイドを知りました。その要領を二人で共有して、一緒にアフターピルを処方もらい、護符がわりにアフターピルを持つようになったのです。

 

こういう思い出を通して、こちらはほんとに凄まじくなりました。望まない乳幼児を妊娠してしまったら、その乳幼児を産んでも堕胎しても、一生傷が残ります。

 

ですので、それからはこのようなことがないように気を付けていますが、もしかしてお酒の勢いで、また正常な判断ができなくなってしまうこともあるかもしれません。

 

当然こういう非常時避妊薬を使うようなことがない方が良いのですが、持っていればせめて同じ面倒を食らうことはありませんし、誰かを助けて上げることも行えるかもしれません。

 

アフターピルメインへ